出会い系

割り切り
歴代の彼女、すべて出会い系で知り合った女の子ばっかり。
仲間からは出会い系専門って言われてる。
だけど、俺、高校は男子高だったし、大学も理工系で、出会いとかなかったしね。
もちろん、合コンとか色々あったよ。だけど、俺、そういうところに呼ばれるキャラじゃないし、たいていいいなって思う子は彼氏付きだったし、スキなんてねーよ。
就職してから、周りもなんか彼女ができるとか、結婚するとか、変化があって、自分もって思った時には、なんか出遅れた感があってさ。
仲間の中には、彼女の友達紹介するとか、申し出てくれた人もいるんだけど、会っても気を使うばっかりで。
ほら、こじれたりしたら、仲間との関係にも亀裂が入るような気がして。
で、出会い系を利用したわけ。
出会い系なら、しがらみとかあんまり気にしないで付き合えるしさ。
でも、最近、出会い系もなんかなーって思って。つい最近まで付き合ってた子、既婚者だったんだよ。
俺、それ知らなくてさ。本人も独身って嘘ついてたし、俺も信じてたし。
最近、彼女が既婚者で、子どももいるって分かって。
もちろん、すぐ別れたよ。
それ以来、なんていうのかなー。女のこと信用できなくなっちゃって。
出会い系って、簡単に会えるのは確かだし、気も使わないししがらみもない。その分、俺みたいに簡単に騙される奴も多いってことだよね。
修羅場にならなくてよかったって気持ちもあるんだけどね。ほら、相手の旦那さんとか出て来て、慰謝料よこせみたいに言われたら、もう踏んだり蹴ったりだしさ。
浮気

性感マッサージ

掲示板で舐め犬募集したクンニ友達
性感マッサージって言うと、やっぱり性的なものをイメージしちゃうから人には言わないけど、私は定期的に性感マッサージしてもらうことにしてる。
月に一回とか、三か月に一回とか、まぁ、その時に寄って頻度は違うけど、性感マッサージは、ここ何年もしてもらってる。
私にとって、性感マッサージって言うのは、エステと同じような感覚で、体のメンテナンスだよね。チューニングっていうか。
夫とセックスをしているけど、どうしても感度が鈍ってくるのね。
どうしてだか分からないけど。ある時、まったく感じなくなって、自分の体の感覚が信じられなくて、針治療もしたし、漢方も飲んだ。だけど、感覚は戻らなくて。
そういう時に、たまたま性感マッサージしている人のサイトを見たのね。
「不感症の方もお気軽にどうぞ。数回の施術で改善します」って書いてあって。
私、自分が不感症って思ってなかったのね。
だって、夫としてたけど、感じないなんてこと、初めてだったし。数カ月も感度が鈍いままで、私も気持ち悪かったし、理由を知りたいって気持ちが強くなっていたのね。
で、その性感マッサージを試したわけ。一度では感度は戻らないって言われたけど、その人に刺激してもらってたら、だんだんと感度がよみがえるような気がしてきた。
その人が言うには、私は日々夫に対して気を遣いすぎていて、仕事のこともあるけど、ストレスが限界値まで来ちゃってたらしい。
「頑張り過ぎて、体がついていかなかったんでしょうね」ってその人。
性的な感度が戻りつつあるって実感できて、すごく安心したし嬉しかったな。それ以来定期的に性感マッサージしてもらってる。

愛人契約

セックス依存症

「お前の母親はセックス依存症だったんだ」と父が告白した。
私が最初に彼氏ができてからしばらくしてからだった。
「お前、彼氏ができただろう」って父が言うので、なんか嫌な気持ちがした。性的なものを感じさせる言い方で、思わず拒否反応を覚えた。
しばらくは、父親と口も利かなかったが、ある夜、私を今に呼びつけて「母親がセックス依存症だった」と告白したのだ。
「お父さんとお母さんが離婚したのは、お前が小さいときだったからわからなかったかもしれないが」
と父は前置きした。
父が仕事に行っている間、男を連れ込んでいた。しかも私がまだ赤ちゃんだった時。
セックス依存症の女子大生です、性欲絶倫の男性との運命の出会い
「さすがに、お前のことが心配になって、お前にとっても教育上よくないから、出て行ってもらったんだ」
「お母さんがただの浮気やなんかだったら、別にそれはそれで構わなくもないが、出て行ってもらうほどじゃなかっただろうし、別居してもお前に定期的に会わせたりすることもできただろうが」
父は少し残念そうな顔をした。
「セックス依存症の場合、相手構わずだから怖いんだ。相手がどんな悪いたくらみを持っているかもしれないのに、乳児がいるところに連れ込むなんてもってのほかだからな」
父は私に彼氏ができたことで、「セックス依存症の母親の血を引いているかもしれない」と心配になったのだろう。私もそれを聞いたら、心配になってきた。遺伝するようなものじゃないかもしれないけど、父が心配しているということは、自分も母親に似た部分があるのかもしれない。
彼氏とはそのあとすぐ別れた。

秘密の出会い