ほべつ

お中元に「ほべつメロン」が届いたんだけど、最悪のタイミングだったよ!
うちの旦那がその別の意味での「ほべつ」割り切り発覚して一カ月くらい経ってから、そのお中元が届いたんだよね。
旦那の元部下の人が北海道の支社に異動になって、それで、送ってくれたらしいんだけどさぁ。
メロンはいいの。私も好きだし、しかも高級メロンでしょ?赤肉メロンで、上品な甘さで、それはそれでありがたいの。
だけど、タイミングがさ・・・。旦那のほべつ事件発覚後でしょ?
何の冗談かと思ったわよ!
旦那は、魔が差しただけって言いわけしてたし、それが初めてで二度としないって約束してくれたの。
それで、私も腹が立ったけど、もうそれ以上突っ込まないし忘れることにしたんだ。
最初はお互いギスギスしてたけど、やっと最近普通に戻れたかな?って時に、ほべつメロンが送られてきて・・・。
ホ別3
「忘れかけてたのに!」って、怒り再燃って感じ。
部下の人は、旦那のほべつ事件なんて知らないし、美味しいメロンを見つけたって感じで好意で送ってくれたわけだし・・・
だけど、ほべつはないわ・・・。よりによってほべつなんてさぁ。
腹が立ったから、旦那に隠れて一人でメロン食ってやった!
半分切りして、スプーンですくって食べた!
初めての高級メロン一気食いだよ!
旦那には、その元部下に何かお礼しておいてね~なんて言っただけで、メロンは食わせなかった!
なんとかほべつメロンを一気食いすることで、腹立ちを収めようとしたわけよ。
相場の平均
ワリキリ

クリトリスバイブ

友達で芸術家というか、創作活動してる人がいるのね。
で、そういう人にありがちなんだけど、男関係が結構奔放なの。
それで、この間も離婚したっていうから、話を聞きに遊びにいったんだよね。
そしたら、居間にだよ?居間にクリトリスバイブと、男性器の形をしたモノがちょこんとおいてあってさぁ。
いや、もうびっくりした。「何やってんの?」っ呆れ半分に聞いたら「あ、あれ、私が作ったんだよー」って見せてくるのよ。
そのクリトリスバイブは、市販のものを買った後に自分用にリメイクしたらしい。
しかも、その男性器の形をしたモノは、別れた旦那のアレの型をとって、自分で作ったらしいよ。
「もう最近の力作だよ!」って色々話してくれたんだけど、いや、もう理解不能というか。。。
クリトリス調教
「離婚しても、これがあれば全然大丈夫だし!」って。
いや、何が大丈夫なのかわかんないんだけど・・・。
話聞いたら、なんかね。離婚した旦那さんとのエッチの相性はすごく良かったんだって。
それで彼女の方は別れる気はなかったらしいんだけど、旦那さんの方が好きな人ができたって去っていったらしい。
で、離婚の条件として、その男性器の型を取らせてほしいって頼んだら、旦那さんも渋々OKしたらしいよ。
変なカップルだよねぇ。
クリトリスバイブの方は、何種類も試して、それで形状とか、素材とかも色々試して、やっと完成したんだと自慢してた。
「今までこういう視点で何かを作ったことなかったから、いい刺激になったんだよね~」って離婚して落ち込んでるかと思ったら、精力的に創作活動に励んでた。
クリ拷問

筆おろし

弟の親友の筆おろしをしてあげたこと、、、なんか、黒歴史的な記憶になっちゃうけど・笑
弟に1人親友がいてさ、小学校の頃からずっと一緒でよく家にも遊びに来てた子なんだよね。
それである時、弟が留守なのに、その子が遊びに来てさ。
「すぐ帰ってくると思うから、うちで待ってる?」って言ったら、「そうします」って。
弟の部屋に通して、お茶とお茶菓子持って行ってあげたらさ、、、その子、寝っ転がって、弟のエッチな本取り出して読んでた・笑
それで、私もおかしくって。「あ、弟のエロ本の隠し場所、知ってたんだ?」ってからかったら、「バレバレなところに隠すよね、あいつ」って。
それで少し、雑談に付き合ってたんだよね。
セフレアプリで童貞狩り
だけど、その雑談の内容って、エッチな方向の話で。
「それで、(親友)くんは経験あるの?」って聞いたら「あー、まだっす」って。
「うちの弟もまだでしょ?」って笑い話したらさ、「あいつは、筆おろし済んでるよ」って言うの。
「え?いつ?誰と?」って聞いたら、「数ヶ月前だと思うけど、俺のねーちゃんと」って。
えーー!!そうだったの?まったく気がつかなかった。
弟の筆おろししてくれるようなお姉さんがいたんだ!って思って、「それはお姉さんによろしくね」って笑ったら、「お礼だったら、こっちの筆おろしもしてくれない?」って。
最初は、無理無理!なんて言ってたけど、向こうがその気になってるのが見た目で分かるくらいだったから・笑
つい、こう興味半分で。
出会いアプリ